教えて!キャッシュフローゲームのルール①


キャッシュフローゲームとは?どんなルールなの?
気になりますよね!
今日は、キャッシュフローゲームのルールについて
ご紹介したいと思います。

実は、ルールは簡単です(*^^*)
スゴロクや、人生ゲームをやったことがあるでしょうか。
感覚としては、あんな感じです。

ただ、そのボードには「ゴール」と書いたマスが、ないんです。
では、どうやったらゴールをすることができるのか?

ゴール(1)夢を叶える

実はゴールする方法は2つあります。
一つ目が、「夢を叶える」ことです。
みなさんも、何かしら夢があるのではないでしょうか。
海外旅行へ行きたいとか、毎日好きな時間まで寝ていたいとか、
素敵な人と結婚して家族になりたいとか^^
きっと、何かしらありますよね。

そんな人生における夢を叶えると、ゴール!
現実でも、何かしら夢は実現したいですよね^^

ゴール(2)不労所得を5万ドル増やす!

毎月毎月、ある状態から、
さらにプラス5万ドルが入ってくる状態をつくることができればゴールです。

5万ドルというと・・・約500万円ですね!
毎月500万円入ってくる\(^o^)/
ワクワクしますね!

さてここで、ボードのお話をしていきます。
実はこのゲームで使うボードには、2つのコースがあります。
スゴロクや人生ゲームには、1コースしかありませんよね?

Cashflow Game Board

Cashflow Game Board

一つ目のコース、ラットレース

真ん中にある小さな丸い円。
これをラットレースと呼びます。
ラットレースとは何か?
ロバートキヨサキさんいわく、
ラットレースとは
恐怖と欲望が仕掛けられた人生の罠

と定義しています。なんだか恐ろしいイメージしますね^^;
恐怖とは、毎日働き続けないと、お金が入ってこない
ということを指しています。
そのために私たちは、
毎日同じ時間に起きて、
満員電車に押し込まれて、
上司のお小言や客のクレームに耐えているんですね。
我慢しないと、お給料がもらえない、という
恐怖に動かされています。
さあ、こういった恐怖にじっと耐えていると
少~しづつお給料上がってきますよね。

そうすると欲望が出てきます。
ちょっとイイ時計買ってみようかな
バイク・車買おうかな・・・
マイホーム欲しいな

これらを現金一括でポ~ンと買えれば、問題ないです。

ただ、普通はローンを組みますよね。
そうすると、ローン返済のために、また働き続けないといけないんです。
生活のため、お金のために働き続ける・・・
これがラットレースなんです。

もう一つのコース、ファーストトラック

では、その外側にあるもう一つのコース。
クネ~っとした大きいコース。
これをファーストトラックと呼びます。
これは、簡単にいうとお金持ちの世界です。
ただ、お金だけではなく、自由な時間をたくさんもっている
こんな人たちの世界なんです。

どちらが理想ですか?
あなたは今、どちらにいますか?

実は、最初に説明した2つのゴールは
どちらもファーストトラックでしか実現しません!

でも、多くの人がラットレースを回っていますよね。
私もそうでした。
なので、ゴールをするには
まずラットレースを脱出してファーストトラックに行かなければいけないんです。

では、ラットレースを抜けるためにはどうしたら良いのでしょうか。

ラットレースを脱出するには

不労所得>総支出

この不等式を成立させることができれば、
ラットレース脱出成功です。

さて、先程から出てきている「不労所得」って何者?
字だけみていると、働かずに得られるお金・・・
何だか怪しげ!?
いえいえ、不労所得というのは、ある一定期間努力をした結果
永久的に得られる可能性のある収入
のことを指します。

なんだ、最初は努力が必要なんですね。
どういう努力が必要かというと、資産をつくるということです。
例えば不動産や、配当付きの株をもったり、
自分で本を書いたり曲をつくったりするのも、そうですね^^

こうやって最初に努力をしておけば
最終的には自分が動いていなくても収入が入る仕組みを作ってしまうんですね。

不労所得>総支出
つまり、働いていなくても、毎月の支出を超える収入が入ってくる
という状態をつくる。
かなりワクワクする状態ですよね!
そうするとラットレース脱出です。

ラットレースを脱出したあとは、
お金持ちの世界が待っています♪

ここは、是非実際にゲーム会で体験してください。
参加されたみなさん、必ずこう言われます。
「全然ちゃうやん!!」
そう、ラットレースとファーストトラックでは
ルールも感覚も、全然違うのです。

これは体験してみないとわかりません^^

大まかな流れとしては、
こんな感じです。

あとは一つひとつのマスの説明
財務諸表の書き方です!

数字が苦手な私でも習ったその場で書けましたので
心配しないでください!
書き方は、ここで書くと長くなるので、また別で書きたいと思います。

それでは、ルール(1)はまずここまで^^

続きは明日、書きますね~